ルームサービス


帰国の日の朝は早い・・・

シンガポールから日本へ行く飛行機は早朝便か深夜便になるのでどっちになっても

大変な思いをしなくてはならないというのが子連れ旅行のつらいところです。

ホテルの朝食はレストランがオープンする時間まで待っていると飛行機のチェックインに

間に合わなくなるので前日にコンシェルジュに相談をしてみました。

まぁ、これがまた英語ができないもんだから意思の疎通がうまくいかずに

お互い抜けているところがあってすったもんだありました。

———————————————————————————
前日の朝のこと

私:「明日の朝、この時間の飛行機に乗らないといけないからレストランの開く時間に

   朝食をとることができないんだけど何かいいアイディアないですか?」

コンシェルジュ:「ではお部屋に朝食をお持ちいたしいます。5時に」

私:「ご・ご・ご・ご・5時?、わかりました。お・お・お願いしいます」
———————————————————————————

もっといろいろやり取りがあったんですが簡単に書くとこんな感じです。

もうね、これで私はすべて終わっていた、精根尽き果てたんですよ。

でもねホテル側はまだ終わっていなかったんですよ。

前日、VivoCityから帰ってくるとフロントまで来てくれとメッセージがあり行ってみると

メニューを選んでくれと・・・口に入れば私は何でもよかったですけどね・・・

でもホテル側はそういう訳には行かなかったようです。

で、丁寧にメニューを説明してくれたおかげで何とかメニューも決まり

コンシェルジュとがっちり握手をして部屋に戻り就寝・・・

そして朝の5時、やつはやって来ました・・・

こんなルームサービスを受けたのは初めてでした。

ドアをノックする前には何とか起きていたのですが持ってきた食事の多さにびっくり・・・

ルームサービス

このほかにパンのバスケットが別にあってコーヒー・紅茶が別のテーブルにあって・・・

せっかく用意してもらったのに全部食べることができませんでした・・・ごめんよぉ

朝食付きでホテルを予約していたためかルームサービスの費用はなしでした。

部屋の料金表見たら3人で約S$100でしたが食いっぱぐれることもなく朝食終了。

朝から満腹になったお腹でスイソテル・マーチャントコートをチェックアウト。

ホテルの前からタクシーでチャンギ国際空港へ。

 

スポンサードリンク

カテゴリー: シンガポール ホテル | Tags: , , コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

トラックバックURL: http://xn--mckva9i6bub6c2037a9kyf.net/roomservice.html/trackback

ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ シンガポール旅行へ
ブログランキング
ブログ王


過去記事